2022年05月19日

パスワード

購読会員記事

東急百貨店、コンシェルジュによるシニア住宅向けリモート接客開始

「ランクレール世田谷中町シニアレジデンス」のロビー

東急百貨店は、シニア住宅の入居者に本店のコンシェルジュがオンラインで接客するサービスを開始する。東急グループのシニア向け住宅シリーズ「グランクレール」を皮切りに、順次導入する。初回は、12月9日に東京都・世田谷区の「ランクレール世田谷中町シニアレジデンス」で、屋内での装いを華やかにする羽織もの、部屋で楽しめるワインや惣菜の紹介を行った。

「東急百貨店 本店 コンシェルジュによるシニア住宅向けリモート接客サービス」は、住宅内の多目的ホールと東急本店のコンシェルジュサロンをオンラインで繋ぎ、コンシェルジュの目利き力を生かした上質な商品を提案する。事前のヒアリングを踏まえ、入居者のライフスタイル、トレンドや季節感を加味し、本店内からセレクトした商品を、使い方や着こなし方を交えて丁寧に説明する。複数の入居者が同時に参加できるが、要望に合わせて個別にも対応可能だ。同じ空間にいるかのような、自然なコミュニケーションを可能とするソニーのテレプレゼンスシステム「窓」を、55インチの大型ディスプレイで試験導入する。東急百貨店はデジタル技術を活用し、買い物方法の多様化を図り、客の利便性向上を図る。