2021年11月28日

パスワード

購読会員記事

西武プロパティーズら、軽井沢にワーケーション施設

軽井沢駅の南側に広がるプリンスグランドリゾート軽井沢内にある大型アウトレットモール「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」(店舗面積約4万2000平米、店舗数約240店舗)に7月29日、同ショッピングプラザを運営する西武プロパティーズと野村不動産、東日本旅客鉄道の3者が共同展開するワーケーション施設「Karuizawa Prince the Workation Core」が開業する。

テラスのイメージ

同ワーケーション施設は、都心におけるシェアオフィスの利用シーンと軽井沢のリゾートステイにおける接点の核なる場所として、野村不動産とJR東日本が展開するシェアオフィスの強みを活かし、軽井沢でのリゾートライフを満喫しながらも、集中して仕事ができる環境を提供する。施設内にはセキュリティが保たれた完全個室やテレフォンブースに加え、軽井沢の緑が見える開放的なオープン席や自然を感じながら仕事ができるテラス席を設置。全体はゆとりのある空間となっており、軽井沢らしいリゾート感を演出した、他にはないビジネスラウンジのようなワーケーション施設となっている。また、施設内には淹れたてのコーヒーやスイーツなどの土産品を購入できるカフェを併設しているためビジネス利用だけでなく、新幹線の待ち時間や買い物の間の休憩などにも利用可能だ。

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

ワークスペースは(営業時間はテラス席を除いて8時~20時)は「SEIBU PRINCE CLUB」、西武グループシェアオフィス「emiffice(エミフィス)」、野村不動産シェアオフィス「H1T」、JR東日本シェアオフィス「STATION WORK」のいずれかの会員が利用できる。カフェスペースについては同施設利用以外の人の利用可能。カフェ・テラス席の営業時間は夏季(4月~10月)が9時~18時、冬季(11月~3月)が10時~17時。施設を構成している席名と席数はオープンスペース35席、ボックス席5席、ブース席8席、ルーム席(完全個室)9席、ユニバーサルルーム2席、ミーティングスペース(5名用サークル席)2個、4名用会議室2個、6名用会議室1個。施設の延床面積は約500平米。料金はオープンスペースであれば275円(15分税込み)、ボックス席が330円(同)、ブース席330円(同)、4名用会議室825円(同)。7月14日から予約開始(利用日の1カ月前から予約可能)となっている。