2021年10月21日

パスワード

小田急新宿店、来年9月に本館営業終了 超高層ビル建替えへ

新宿店本館跡地に計画する建物のイメージパース

小田急百貨店は「新宿駅西口地区開発計画」の進捗にともない、来年9月末に新宿店本館での営業を終了する。以降はハルクで営業を継続。同年春にそれに向けた改装工事に着手する。改装後は食品、化粧品、インターナショナルブティック中心の構成を予定する。

新宿駅西口地区開発計画は、小田急電鉄が東京地下鉄らと共同で推進する、国家戦略特別区域の都市再生プロジェクト。新宿店本館跡地には新宿グランドターミナルの一体的な再編を象徴する大規模開発として、地上48 階、高さ約260メートルの超高層ビルを建設する。高層部にハイグレードなオフィス機能、中低層部に新たな顧客体験を提供する商業機能を備える。