2022年08月17日

パスワード

購読会員記事

4月24日、第2期完成 駅ビル「さんすて岡山」増床改装 南館にスイーツなど16店舗

山陽SC開発が運営するJR岡山駅ビル「サンステーションテラス岡山」(通称「さんすて岡山」)の増床改装の第2期エリアが4月24日にオープンする。南館2階のスイーツ・デリカゾーンに、常設店12店舗、期間限定ショップ4店舗を集積する。売場面積は約560平米で、改装前に比べ約100平米増床される。

 

「ベイクチーズタルト」が岡山に初出店するほか、地元企業が手掛けるジュース・スイーツの「田中節三のバナナ」(初出店)、生はちみつ専門店によるスイーツショップ「ボーディカ バイ マイハニー」(中四国初)など、スイーツ関連で10店舗が常設。期間限定は、スコーン・チーズケーキ「グッディ・フォーユー六本木」、日本初上陸のドーナツ専門店「ラ・パナデリア ドッツ」、「プリン本舗」、バームクーヘン「治一郎」。

加えて、食品スーパーの「成城石井」(中四国初出店)と、ベーカリーカフェ「ヴィ・ド・フランス」が6月下旬にオープンする。

 

さんすて岡山(南館と北館)は、今春より3期に亘る大規模改装を進めており、南館の第1期エリアが3月13日より順次開業。改装後の南館(1階と2階)の売場面積は約4580平米で、改装前に比べ約1750平米増床される。店舗数は52店舗(19年12月に先行開業の「日本旅行」含む)。飲食店を改装前の12店舗から22店舗に、お土産店を7店舗増の16店舗に増やす。第3期エリアは北館で、秋頃の完成を目指す。