2020年07月13日

パスワード

購読会員記事

JR東日本リテールネット エキナカ商業空間の開発を加速

2020/03/27 5:00 am

駅構内外でコンビニ「NewDays」や駅売店の「KIOSK」、エキナカ商業施設の「エキュート」などを運営しているJR東日本リテールネットは、原宿駅の新駅舎供用開始や高輪ゲートウェイ駅開業などによるJR東日本の駅改良事業に合わせてエキナカ商業空間の開発を加速させ、今春(3月)から今夏(7月)までに首都圏エリア12駅に71ショップをオープンさせる。

 

JR東日本が駅ビル開業や駅舎建設などの改良・開発に取り組んできた事業が次々に完成し今春から開業ラッシュとなる。高輪ゲートウェイ駅開業(20年3月23日)や原宿駅新駅舎(20年3月21日)以外にも、五反田には「ホテルメッツ五反田」と「アトレ五反田2」が開業(20年3月26日)。上野駅の公園口駅舎には「エキュート上野」の新区画の開業(20年3月と4月)。日暮里駅では「エキュート日暮里」の全面改装。横浜駅にはJR横浜タワーが完成し、「NEWoMan」、「CIAL」、「T・ジョイ」などが開業(20年5月30日)するなど、3月に入ってオープンラッシュを迎えている。これらの事業に合わせJR東日本リテールネットでは首都圏エリアでの開発事業を本格化させ、店舗の出店だけでなく、エキナカの新業態やエキュート拡大などに乗り出す。

 

同社ではエキナカの経験を活かし、昨年11月に1期が立ち上がった渋谷駅直結の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」にスイーツを集積したエキュートの業態編集型の新業態「エキュートエディション」の第1号店を立ち上げた。7月には横浜駅改札内コンコース供用開始にあわせ「エキュートエディション横浜」(5ショップ)、飯田橋駅西口新駅舎建設に合わせ「エキュートエディション飯田橋」(3ショップ)、有楽町駅のバリアフリー設備・改札内外コンコースの拡張に合わせ「エキュートエディション有楽町」(8ショップ)が一斉オープン。これによりエキュートエディションは全4施設となる。

 

エキナカ関連では上野駅公園口に「エキュート上野」の新区画が20年4月21日に開業(部分開業)。1・2階にNewDays、台湾カフェ、和カフェなど4店舗が出店。施設を全面閉鎖して改装工事を進めているエキュート日暮里は物販・飲食合わせ28店舗で20年7月グランドオープンとなる。さらに大宮駅のディラ大宮が全面改装され「エキュート大宮ノース」として同年7月開業(部分開業)。

 

その他、新橋駅には改札口や改札内外コンコースの拡張に合わせ4ショップ、新木場駅にはバリアフリー設備・改札内コンコースの拡張に合わせて3ショップが開業するほか、すでに原宿駅にNewDaysとサルタヒココーヒー ザ ブリッジ、高輪ゲートウェイ駅には無人AI決済店舗(TOUCH TO GO)などがオープンしている。