2024年04月21日

パスワード

購読会員記事

アデランス、新社長に鈴木上席執行役員

新社長の鈴木洋昌氏

アデランスは26日、3月1日付でトップを交代し、鈴木洋昌上席執行役員海外事業本部副本部長兼欧州エリア部部長が社長に就くと発表した。津村佳宏社長は代表取締役グループCEO兼グループ内部監査部管掌となるが、5月23日に開催予定の株主総会後に任期満了で退任。以降は「株主としてアデランスをサポートしていく」という。同日付で鈴木氏がグループCEOとグループ内部監査部管掌を継承する。

社長交代の理由について、津村社長は「今年は創業 55 周年であり、私が代表取締役に就任してから約 10 年が経った。未来のアデランスを次世代に引き継がなければならないと考え、『グローバルウェルネスカンパニーを目指した次世代への事業承継』をテーマとし、以前より当社の基盤でありコア事業であるウィッグおよび毛髪事業を中心に美容室へヘアドライヤーなどを提供する『BOSLEY』ブランドやアイブロウ事業、医療事業をはじめとする周辺事業に積極的に取り組み、育成してきた。このたび、グローバルウェルネスカンパニーの推進を新体制に託すことを決意した」とコメントした。

さらに、鈴木氏に関して「国内事業での豊富な営業経験と高い接客技術力を有し、海外事業でも好業績を残している。周囲の信頼も厚く、後継者としてかねてより期待し、経営者として育成しており、(アデランスの)56 期のスタートに合わせて抜擢した」と説明した。

バトンを受け取る鈴木氏もコメントを発表。「私は新卒で入社し国内の営業現場で経験を重ね、直近は海外事業を担当している。この経験を生かしグローバルウェルネスカンパニーとして『目指せ世界のブランド アデランス』をさらに加速させていきたい。そして、アデランスが半世紀以上に亘り築き上げてきた全てのリソースと経営理念を引き継ぎ、グローバルウェルネスカンパニーを醸成させ、アデランスに関わる全ての方々に『アデランスにして良かった』と言っていただけるような会社を目指す」とした。

鈴木洋昌(すずき・ひろまさ)氏略歴

1968年11月2日生まれ、55歳。山形県出身。

1987年4月アデランス入社

2009年9月関東営業部部長

2016年5月執行役員東日本営業統括部統括部長

2020年5月上席執行役員海外事業本部副本部長