2024年04月19日

パスワード

プリンセストラヤ、「ダコタ」で革の風合いを生かした財布

丸みを帯びたデザインが特徴の「チェルキオ」シリーズ

プリンセストラヤの「ダコタ」は来春夏、革の風合いを生かしたシンプルなデザインの財布を発売する。全て本革を使用し、染色や裁断面の処理など一つ一つの工程を丁寧に仕上げた。「チェルキオ」、「エザーゴノ」、「ペンネロ」の3シリーズで、長財布や二つ折財布、パスケースなどを揃える。

「チェルキオ」シリーズは、天然シボや透明感が際立つイタリアンレザーを使用。手染めで着色しているため、発色が良く綺麗なツヤが出ている。革の魅力が伝わるようデザインはシンプルに仕上げ、カーブを帯びたシルエットで特徴を出した。全7型(1万2100~2万4200円)で、最近は鞄の小型化が進んでいるため、1万円札がぴったり収まるサイズにしている。円形の財布は一見小銭入れのようだが、紙幣やカードもしっかりと収納できる。

「エザーゴノ」は六角形の革のブローチが施されている

イタリア製の牛革を使った「エザーゴノ」は、六角形の革ブローチが特徴のシリーズ。風水で六角形は「安定と調和」を意味する。最近は運気を意識する消費者が多く、一粒万倍日や天赦日といった縁起の良い日に財布が売れるため、そうした面でも訴求する。全6型で、価格は1万7600~2万900円。植物タンニンなめしのレザーは裁断面を磨くことで滑らかに仕上がるという特性を生かし、全てのパーツを磨きで仕上げ、ナチュラルな風合いを出している。

職人が手作業で一枚一枚染めている「ペンネロ」シリーズ

「ペンネロ」シリーズは、日本製の牛革を使用。革職人が手作業で円を描くように染めることで、ブラシの刷毛目が出るような絵柄となっている。そのため一つ一つに個体差があり、唯一無二の味わいを楽しめる。全6型で、価格は9900~2万1450円。