2022年05月19日

パスワード

インタビュー

ファッションサブスク「アナザーアドレス」、初年度の成果と課題 田端竜也事業責任者に聞く

インタビュー   大丸松坂屋百貨店
| 公開日: 2022/04/08 15:31

大丸松坂屋百貨店が昨年3月12日に運営を始めた、ファッションのサブスクリプション「AnotherADdress(アナザーアドレス)」は、初年度に想定を大きく上回る好結果を収めた。会員数は想定の1000人に対して7000人超、売上げも事業計画に対して13倍を記録。レンタルした衣料品の総数は25万超に上った。想定外ゆえに在庫が足りず、“貸し逃し”も多かったが、2・・・

さらに読む

【連載】小田急百貨店は顧客と売場の目線で推進、XRにも注目

デジタルトランスフォーメーション(DX)の“波”は、コロナ禍によって全世界で勢いを増した。日本の百貨店業界でも、大手を中心にDXを推し進める企業が目立つ。しかし、DXの定義はあやふやだ。絶対的な正解があるわけではない。そこで「デパートニューズウェブ」は、百貨店業界の各社に「DXのキーパーソン」を尋ね、インタビューに応じてもらう。DXをどう捉え、どのような方法・・・

さらに読む

【連載】そごう・西武の統一見解は「お客様と従業員の体験価値を上げる」

デジタルトランスフォーメーション(DX)の“波”は、コロナ禍によって全世界で勢いを増した。日本の百貨店業界でも、大手を中心にDXを推し進める企業が目立つ。しかし、DXの定義はあやふやだ。絶対的な正解があるわけではない。そこで「デパートニューズウェブ」は、百貨店業界の各社に「DXのキーパーソン」を尋ね、インタビューに応じてもらう。DXをどう捉え、どのような方法・・・

さらに読む

【インタビュー】山元 山元彩容子社長に聞く M&Aで装飾、設計事業を拡大へ 「夢を売る空間創造」に挑戦

山元   インタビュー
| 公開日: 2022/03/23 00:00

什器のレンタルを生業とする山元は、装飾や設計などを強化して事業の幅を広げ、「夢を売る空間」の創造に挑む。2019年に装飾や店舗設計を行う「アートクリエイティブスタジオ」を、今年2月に創業100年の実績があり商業施設の内装工事・設計や家具製造などを手掛ける「ウエタニ」を子会社化。もともと什器のクオリティや品揃えを強みとしていたが、ディスプレイや改装も含めた包括・・・

さらに読む

高島屋のショールーミングストア事業、「ギフト」と「海外」に勝算 TTICの川口貴明CEOに聞く

TTIC   インタビュー   高島屋新宿店   高島屋
| 公開日: 2022/03/22 14:58

高島屋はショールーミングストア事業を始める。同社とトランスコスモスの合弁会社、TAKASHIMAYA TRANSCOSMOS INTERNATIONAL COMMERCE PTELTD(以下、TTIC)が4月下旬、主にD2Cブランドを集めた第1号店を高島屋新宿店の2階に開く。以降も国内外の高島屋の店舗、ASEANを中心とする地域の大型商業施設に出店。5年間で・・・

さらに読む

大丸松坂屋百貨店が加速するDX戦略の要諦 大西則好デジタル事業開発担当部長に聞く

インタビュー   大丸松坂屋百貨店
| 公開日: 2022/02/21 13:56

百貨店業界でデジタルトランスフォーメーション(DX)を先導するのが、大丸松坂屋百貨店だ。コロナ禍で前進を遅らせるのではなく、むしろ加速。昨年3月に女性向けファッションのサブスクリプション「AnotherADdress(アナザーアドレス)」を立ち上げると、同10月には大丸東京店にD2C型のブランドを集めたショールーミングストア「明日見世(asumise)」を、・・・

さらに読む

高島屋横浜店にZ世代が急増するワケ 青木和宏執行役員店長に聞く

インタビュー   高島屋横浜店   高島屋
| 公開日: 2022/02/17 16:40

Z世代が急増する百貨店がある。高島屋横浜店だ。「JR横浜タワー」が開業した2020年6月、食品売場の増床・改装を終えた21年3月の2段階で、Z世代の流入が加速。化粧品やラグジュアリーブランド、時計、アウトドア用品、高感度なブランドを揃える「スタイル&エディット」や「CSケーススタディ」をはじめとする自主編集売場などでは、Z世代の売上げ構成比が上昇の一・・・

さらに読む

【インタビュー】にんべん 髙津伊兵衛社長に聞く かつお節やだしがある暮らしをデザインして持続的成長を描く

インタビュー   にんべん
| 公開日: 2022/02/15 07:00

にんべんは新たな販路を積極的に開拓し、顧客接点を増やしている。かつて主要だった贈答ニーズは縮小の一途を辿り、他の収益源の確保は喫緊の課題だ。飲食や惣菜、弁当といった直営事業の強化に加え、業務用や海外にも本格的に進出。複数のチャネルによる成長を目指す。また、これらのチャネルをきっかけとして、日常でだしを使用する機会を増やし、商機に繋げる狙いもある。2021年度・・・

さらに読む

【成長軌道への攻勢に転じる】三陽商会 大江社長インタビュー

2022年新年特集   インタビュー
| 公開日: 2022/01/01 00:00

三陽商会にとって22年度は、これまでの「守勢」から「攻勢」に転じるターニングポイントになる。新・中期経営計画が始まり、持続的成長戦略と中長期的な企業価値向上に向け、2年間の「再生プラン」で実行してきた改革を継続しながらも、攻めの戦略に軸足を移していく。24年度(25年2月期)に売上高520億円、営業利益率10%を目指し、新たな成長戦略に向けて陣頭指揮を執る大・・・

さらに読む

デパートニューズウェブ新春トップインタビュー2022

2022年新年特集   インタビュー   高島屋
| 公開日: 2022/01/01 00:00

2022年の元日を祝うとともに、百貨店業界の発展を祈念し、高島屋の村田善郎社長のインタビューを掲載する。 ※以下、僚誌「ストアーズレポート」2022年1月号の転載です。2022年1月7日まで無料公開中です。 高島屋は数年来、百貨店を根幹に事業のウイングを広げ、成長への土台を強固にしてきた。東神開発を中心とする商業開発業は今や〝稼ぎ頭〟で、・・・

さらに読む

【インタビュー】三起商行 木村皓一社長に聞く 品質、人材、快適環境の三位一体で高水準を追求

インタビュー   ミキハウス   三起商行
| 公開日: 2021/10/20 07:30

ミキハウスが今年、創業50周年を迎えた。百貨店を中心に販路を広げ独自の地位を築いてきたが、小売業界や消費者の価値観が大きく変わる中で、新たな販売手法を求められつつある。これに木村皓一社長は「高品質な商品、知識や経験の豊富な販売員、充実した環境」の3つを揃え、〝あえて来る価値がある売場〟をつくる必要があると語る。同社は以前より商品のクオリティや販売員の接客力に・・・

さらに読む

よりパーソナルに、1歩先の提案を目指し、「感動体験」を提供し続ける 阪急メンズ東京の山名伸治店長に聞く10周年と今後

インタビュー   阪急阪神百貨店   阪急メンズ東京
| 公開日: 2021/10/19 14:04

15日に10周年を迎えた阪急メンズ東京が20日、その記念企画を始める。12月末まで、モノからコトまで“10周年ならでは”が盛り沢山だ。期間中に展開するコンテンツの総数は200にのぼるという。1984年10月6日に「有楽町阪急」として産声を上げ、2011年10月15日に“メンズ館”に刷新された同店。節目に際し、記念企画を通じて何を発信するのか。永年のファンに、・・・

さらに読む