2024年05月23日

パスワード

リアルな木彫り約80点が大集結!キボリノコンノ展

10月12日(木)~24日(火)最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)大丸東京店11階催事場

【特設ページ】https://dmdepart.jp/museum/tokyo/kibori_no_konno/

身近な食べ物や生活雑貨を木彫りで再現し、そのリアルさが話題になっている木彫りアーティストのキボリノコンノ。普通の「木」から「あっと驚くもの」を制作。本展覧会では、作品集「キボリアル」と絵本「なにができる?」の出版を記念して、処女作である「コーヒー豆」から代表作の「注がれるコーヒー」「ヨックモックシガールと袋」など書籍掲載作品50点を含む約80点の作品を展示いたします。話題の新鋭クリエイターがおくる、見て、撮って、触って、ができる体験型の展覧会です。書籍のほか、雑貨など展覧会オリジナルグッズも多数販売します。

キボリノコンノプロフィール
木彫り作家。静岡県の芸術大学でプロダクトデザインを学んだあと、家具メーカーでのデザイナーを経て県内の市役所に勤務。2023年3月に公務員を退職し、作家として独立。「あっと驚くものを作る」をポリシーに、制作や展覧会の開催など、木彫りを通して活動を展開している。

概要
■開催期間
2023年10月12日(木)~24日(火)
午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
■開催場所:大丸東京店11階催事場
■入場料:一般・大学 800円、小中高生 600円

注がれるコーヒー
今まさに注がれて、波立ち泡立つコーヒー。これがなんと木でできています。

ヨックモック シガールと袋
サクサクおいしいシガールだけでなく、後ろの透明な袋まで木彫り作品です!

カステラになりたい木の気持ち
木の角材がカステラになりたい気持ちを抑えきれず、角材から一切れ剥がれて少しずつカステラになっていく。

たこ焼き
コロコロの角材が徐々に削られていき、鉋屑がかけられてたこ焼きに。

たまごの木身
パックから転がった木の卵がパカっと割れて、卵の木身が飛び出した。

納豆
もはや本物!木を彫ってつくられた納豆。

キボリノコンノ氏来場!
初日10月12日(木)午前10時~正午、午後1時~午後5時の間に、会場物販コーナーにて書籍をお買い上げの方に、キボリノコンノ氏がサインいたします。(お一人様2冊まで)

※価格は全て税込です。