2024年02月26日

パスワード

「秋のルロワワインフェア」

「秋のルロワワインフェア」2022年10月26日(水)~11月8日(火)高島屋各店ワイン売場にて

フランスブルゴーニュの至宝「ルロワ」日本上陸50年記念

1868年、フランス中部のオクセー・デュレス村に創設されたルロワ社は、150年以上にわたるネゴシアンとしての功績により、「ブルゴーニュの至宝」とも評される名門ワイナリーです。
現当主であり、「稀有なテイスティング能力を持つ天才醸造家」とも称賛されるマダム・ラルー・ビーズ・ルロワは、自社畑の管理から醸造までを手がけ、妥協を許さない厳格な品質管理のもと、世界から注目されるワインを数多く生産しています。
その「ルロワ」が、1972年に日本に上陸してから今年で50年を迎えるにあたり、記念ヴィンテージボトルや、ビオディナミ農法(※)で造られた稀少な「ドメーヌ ルロワ」のワインを高島屋で販売いたします。2022年新着のワインや日本限定のワインなど、豊富にとりそろえ、ルロワの魅力をお届けいたします。

  • ルロワワインについて

ルロワの4代目当主マダム・ラルー・ビーズ・ルロワ

「ルロワ」のワインには、ビオディナミ農法(※)で造られた「ドメーヌ ルロワ」や、良質なワインを買い求めてルロワ社のセラーで熟成させた「メゾン ルロワ」などがあります。

(※)ビオディナミ農法について
化学肥料を排除し、天体の引力を利用する自然農法。1988年、化学肥料や農薬散布によるワインの味の変化を危惧したマダムは、ブルゴーニュワインの未来のために、自社畑を取得し、ブドウ栽培を「ビオディナミ農法」で行うことを決意。ブドウを育む「土」こそワイン造りの根幹と捉え、ルロワ社の畑は生態系を壊さぬように配慮しています。土や植物の力を強め、天体や月の動きが植物に与える作用を重視し、すべての作業に天体の動きを考慮しています。

  • <日本上陸50年記念 スペシャルワインが登場>一例

※販売店舗が限られます。全て税込価格。

「メゾン ルロワ」
1972年ニュイ サン ジョルジュ(750ml・赤)165万円
テイスティングをすれば数十年後のワインの姿がわかるというマダム・ルロワが買い求めたワインを、飲み頃を迎えるまでルロワ社のセラーで熟成。50年前に日本に初上陸した年のメモリアルヴィンテージワイン。

「ドメーヌ ルロワ」
■2018年コトーブルギニヨン(750ml・白)6万6000円
■2018年コトーブルギニヨン(750ml・赤)6万6000円
ルロワ日本上陸50年を記念して、日本のみの特別なワイン。

•高島屋オンラインストア
ブルゴーニュの至宝「LEROY(ルロワ)」日本上陸50年
https://www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/story/food/603800/

ルロワのグラン・クリュ。ロマネ・サン・ヴィヴァンにて。

広大なブルゴーニュの風景。

【お問合せ】高島屋各店(ワイン売場)