2024年07月25日

パスワード

ルック、来春夏はジャケットスタイルで通勤やオケージョン対応

通勤やオケージョンに使えるジャケットスタイルを提案。着回しの利くアイテムも揃える

ルックの「キース」、「レッセパッセ」、「スキャパ」は来春夏、通勤やオケージョンに使えるジャケットスタイルを打ち出す。コロナ禍が続く中、ビジネスをはじめオケージョン、冠婚葬祭など“人と会う”機会は復調が続き、外出を意識した服のニーズは高まっている。3ブランドとも、ジャケットを主軸にトップスやボトムスのバリエーションを充実。各シーンに対応するスタイリングを発信する。

キースは単品のアイテムを充実。様々なシーンに対応するジャケットスタイルを提案

キースは、得意とするジャケットスタイリングを強化する。テーマは「Sloane Ranger(スローンレンジャー)」。イギリスの女性らしい気品や洗練されたファッション感覚をベースにしたスタイルのことをいう。着回しができるアイテムを順次投入し、コーディネートのバリエーションを客が考えやすい構成にする。担当者は「店頭では通勤着やオケージョンで使用する服のニーズが明確に戻ってきている」と実感を口にする。コロナ禍以前並みを想定し、潤沢なバリエーションを揃える。

1月下旬から、コートのインナーで着られる単品のトップスを充実させる。リバティプリントやオックス生地のシャツ、中にはロンドンにある学校の制服から着想を得たユニークなデザインの襟のシャツも用意する。

2月初旬には、ダブルブレストのジャケットやツイードのセットアップを発売。下旬にはオックス生地のセットアップも投入し、単品で着回せるアイテムを充実させる。リバティ社別注のプリントワンピースや、エドウィンとの協業で製作したデニムパンツなどをジャケットに合わせ、通勤にもカジュアルにも適したクロスコーディネートを打ち出す。

3月初旬からは、イギリスのトラッドスタイルをコンセプトとする同ブランドならではのアイテムを拡充。船乗りの制服をモチーフにしたリーファージャケットをキーアイテムに投入し、先染めのボトムスやオリジナルチェックのニットなどをスタイリングアイテムに用意する。月末には、春夏に向けて麻を使用したベストとキュロットのセットアップでリラックス感のあるコーディネートを提案。同じく麻を使用して軽く仕立てたジャケットや、それに合わせるサラサ模様のプリントワンピースも用意する。

レッセパッセは新ライン「Fleur(フルール)」で、顧客満足度とブランドプレゼンスの向上を図る

レッセパッセは「New Romantic(ニューロマンティック)」をテーマに、フェミニンとロマンティックの要素を再構築したアイテムを展開する。仕事、女子会、セレモニーなど“人から見られる”場が増えてきたのを踏まえ、美しく清楚で品のあるスタイリングを軸に展開する。

今回初登場するライン「フルール バイ レッセパッセ」は、通常ラインより1ランククラスアップさせた服を提案する。「フルール」はフランス語で花の意味。季節ごとに咲く花をテーマに設定し、モチーフやカラーでそれを表現する。今シーズンは「パンジー」と「プリムラ」の花をテーマに、それぞれが咲く12月と2月に発売する。立体的な刺繍を施したワンピースやチェコビーズをあしらったトップス、チュールレイヤードのワンピースなどを揃える。価格は2万~4万8000円と、通常ラインよりも1.3~1.5倍の設定。ディテールにこだわった“上質なデザイン”を売りに、「顧客満足度の更なる向上と、価格帯に納得しクラス感を求める新規客を取り込みたい」と担当者は意気込みを語る。

通常ラインでは「通勤」をキーワードにアイテムを展開する。1月下旬から、人気のトレンチコートや線画タッチのプリントワンピースなどを用意。2月初旬には、ジレやベルト付きジャンパースカートなどトレンド感のあるアイテムを皮切りに、ダブルブレストやVカラーのジャケットを投入する。ライナー付きのマウンテンパーカーやニットブルゾンに加え、フェイクスエードのライダースジャケットなどライトアウターも充実させる。

3月初旬から、春物を購入するフリー客に向けた通勤スタイルを強化する。ツイードの半袖カーディガンやアムンゼン生地でさらっとした着心地のノーカラーブルゾンなど、トップスのバリエーションを充実。ジャージー素材のテーラードジャケットも用意してスタイリングの幅を広げる。さらにスカートが主流の同ブランドで初めてのワイドパンツを提案する。4月初旬には、トレンドのオパールプリントのスカートなど透け感のある軽やかなアイテムで、初夏に向けて展開する。

スキャパは現代アーティストのヴィヴィアン・スーターの作品にインスピレーションを得たコレクション

スキャパは、通勤や外出に使える“きれいめ”なスーツスタイルを打ち出す。テーマは南ヨーロッパの風景やライフスタイルから着想を得た「MODERN SUN(モダン サン)」。明るく鮮やかなアクセントカラーを取り入れたアイテムを順次投入し、売場の鮮度をキープして集客する狙いだ。

今回のコレクションでは通勤やオケージョンに対応するため、昨年よりもジャケットの点数を増やす。デザインについても、昨年は普段使いができるカジュアルさを重視したが、今回は外出用に“きれいめ”なデザインを意識した。担当者は「今春からスーツが動き始めている。各シーンに対応可能なアイテムを拡充し、コロナ禍前の19年のボリュームまで戻す」と語る。

12月初旬は、顧客向けにコートのインナーで着られるプリントブラウスやカラーニットを用意する。1月下旬には、スーツやセットアップのアイテムを発売。ウールのジャケットに同素材のスカートとパンツ、ワンピースを揃える。ツイードのセットアップやストレッチミラノのジャケットは、ジャージー素材の軽い着心地でライトオケージョンに合わせる。

2月初旬には、カジュアルなコートルックスを提案。サフランカラーのコートとボーダーのトップスを合わせたフレンチトラッドな着こなしを取り入れる。中旬にはダブルブレストのボックス型ジャケットを投入。プリントやストライプ柄のドレスを合わせ、新鮮なジャケットスタイルを提案する。春先に向けてブルゾンコートなどスポーティーなデザインのアウターも用意する。

3月はスプリングフェアに合わせ、テーマカラーを打ち出したアイテムを展開する。アプリコットカラーのスーツやペイズリー柄のワンピースを投入し、中旬以降はコバルトカラーのパンツ、サフランカラーのニットトップスやサンドカラーのワンピースなどを揃える。素材にヘンプや麻といった天然素材を使用し季節感も演出する。4月には、テクニカルな刺繍やリネン素材といった同ブランドが得意とするアイテムをラインナップ。5月のサマーフェアを視野に、顧客からのニーズが高い商品を提案していく。

(中林桂子)