2024年05月30日

パスワード

大都市が苦戦、東京2桁超減 SC

日本ショッピングセンター協会が調査した10月の既存SC売上高前年比は8.3%減となった。消費税増税前の駆け込み需要により高額品を中心に売上げを伸ばした前月(8.3%増)の反動減が顕著に表れた。同協会は「反動減に加え、大型台風などの影響、気温が高めに推移したことで秋冬物の動きが鈍かったため」と分析している。
立地別・構成別では、前月とは対照的にテナント、キーテナント共に全ての立地でマイナス。中でも駆け込み需要によるプラス幅が大きかった大都市中心地域では百貨店などのキーテナントを中心に反動減が大きく、大都市の東京区部は2桁超の大幅減だった。